ツアーナースという働き方もある

旅行が好きな方にも最適な仕事ですね

ツアーナースという働き方もある

看護師はさまざまな現場で必要とされています。 あまり聞いたことがないかもしれませんが、旅行やイベントに 付き添う看護師もいて、ツアーナースと呼ばれることがあります。

旅行中に普段と違う生活をしたり、食べ物が合わずに体調を崩す人は 意外に多くいます。個人旅行なら自力でなんとかしなければ なりませんが、ツアーに参加している場合は添乗員が旅行会社や 病院と連絡をとりながら対応してくれることもあります。

でも添乗員が病人やけが人の世話におわれてしまうと、本来のツアーを 率いることができなくなってしまいます。 そんな時にツアーナースが同行していれば、具合が悪くなった人を 見てもらうことができます。

また持病を持った人や高齢の方がツアーに参加している場合は 健康状態をよくチェックしたり、薬の服用を確認したりすることも あります。 旅行が好きな方や体力に自信のある方は、ツアーナースという 働き方を選ぶのも良いと思います。

ただ、この分野の求人がまだ少なく、安定して働き続けるのは 少し難しいかもしれません。 ツアーナースとして働きたいなら、一般の求人情報誌などでは なかなか見つけにくいと思いますので、看護師専門の求人サイトなどを 探すを良いでしょう。

こうしたサイトに登録して自分で求人情報をチェックしたり、 アドバイザーの方にツアーナースの求人がないかどうか聞いてみると、 情報があれば教えてもらえるるでしょう。 ゴールデンウィークなどの大型連休や、夏休み・年末年始などは ツアーの数も多いので、ツアーナースの募集も増えると思います。

これらの時期を中心に募集を探すと、見つかりやすいかもしれません。 旅行先が海外だったり、あまり医療が発達していない場所だったりすると お客さんが体調を崩した時の対応も難しくなります。 マニュアル通りの対応だけでなく、臨機応変な対応ができないと 困ることもあるかもしれません。

これから先はツアーナースが一般的になり、活躍の場も増えてくる 可能性がありますから、経験を買われて仕事に困らなくなるかも しれません。