子育てから看護師の仕事に復帰する際に考えるべきこと

子育てと仕事の両立には、職場環境が重要ですね!

子育てから看護師の仕事に復帰する際に考えるべきこと

看護師の職業を選択した時、女性が一生続けられる仕事だからという理由で 選んだ人も多いことと思います。 今はさまざまな職業で女性が活躍するようになり、一生仕事を続けるという人も 増えてきました。

でも妊娠や出産などの事情で、どうしても一時的に仕事ができなくなる時が あります。この時に休職を選ぶか退職することを選択するかに分かれることに なるのですが、なかなか自分の希望通りにはいかないこともあります。

働いている職場に育児休暇の制度が整っていれば、数年育児に専念した後で 仕事に復帰することができます。 ですが、忙しい職場で一刻も早く復帰してほしいと言われたりすると、 ゆっくり育児休暇を取りづらいということもあるようです。

また、自分の意思でなるべくブランクをあけずに、産休を取ったあと すぐに働きたいという人もいます。 その場合は生まれて間もない赤ちゃんを預けることになるため、安心して 預けられる場所を早めに考えておかなければなりません。

子供が生まれると、仕事だけに専念することができませんから、 育児と仕事のバランスを取りながら働かなければなりません。 子供を預けている場合は送り迎えもしなければなりませんし、 送迎に間に合うように勤務時間を調整する必要もあるでしょう。

残念ながら出産前の職場では、育児をしながら働くことは無理そうだと いう場合、一度退職することになります。 そしてある程度育児が落ち着いたら、新しい勤務先を探すことになります。

仕事に復帰するタイミングというのは、結構難しいものがあります。 子供が1歳になるのを見計らって仕事を探す人も多いのですが、 この時はちょうど子供が体調を崩しやすい時期と重なるので、 仕事を再開した途端に看病のために休まなければならないことがあります。

ですから、子供が小さいうちに看護師の仕事に復帰するなら、 子育てに理解のある職場を選んだ方が良いでしょう。 また家族の理解を得ることも大切です。自分は家にこもっているよりも 看護師として働きたいと考えていても、夫が反対しているようでは サポートしてもらうことも難しいでしょう。

かといって、自分一人で何もかも頑張るというのも大変です。 看護師の仕事をして育児も家事もすべてやろうとすると疲れ切って しまいます。 自分の希望をきちんと話、家族の理解が得られてこそ、ベストな状態で 仕事ができるといえるでしょう。