憧れの美容外科看護師へ転職するには?

美容外科看護師になるための心得

美容外科看護師の求人先はどんな感じ?

一般に病院に勤務と思われがちな看護師さんですが、美容外科にも看護師さんはいらっしゃいます。美容外科とは、女性が美しくなりたいという願いのお手伝いをするところですね。たとえば医療レーザーにて脱毛をしたり、年齢からくる肌の衰えに対して、ヒアルロン注射を行ったりします。
看護師求人~介護施設で働く看護師~

手術で言えば瞼を二重にしたり、脂肪を吸引し、理想の体型に近づけたりと、美容に関する外科になります。 当然ではありますが、一般の病院とは異なる点が多々あります。転職する際には、どういうところに気をつければよいでしょうか。

 まず患者さんが美容外科に来る理由が一般病院に来る方と違っていると言うことです。  美容外科に来られる患者さんは、悪いところを治療してもらうというよりも、美しくなりたいという理由です。

 看護師さんは、その患者さんが抱いているなんらかのコンプレックスを察し、美しくなる過程を共に考え、医療行為よりも心理的な面においても支えていかなければなりません。  これに必要なのはコミュニケーション能力です。一方的な医療行為の押し付けでは成り立たないのです。

また美容外科へ転職の際は、注射や点滴と言った医療行為のスキルを持った看護師さんは強みになります。給与面においても夜勤がないことから、小さなお子様がいらっしゃる家庭でも安心して務めることができます。収入においても看護経験が二年以上あれば、比較的高収入です。

 ただひとつ残念なのは、四十代を超えると、美容外科への転職は難しくなります。逆に言えばそれ以下の年代の看護師は採用されやすいということです。    ではどのようにして転職活動をすればよいでしょうか。

 人気のクリニックではすぐに人材の確保ができてしまいます。いち早く良い条件で見つけようとするならば、やはり看護師専門の転職サイトを利用しましょう。転職サイトに登録するだけではなく、そのサイトのコンサルタントに相談するなど、積極的に行動を起こすとよいでしょう。